中古 車 見積

自動車 売買

> 中古車見積もりの時に気をつけるべきこと

中古車見積もりの時に気をつけるべきこと

中古車の見積もりをしてもらうと気に気を付けるべきことがあります。
まずどこの買取店でも共通していることなのですが、
車の現物を見積もりしてもらうときには必ず車検証を持っていく事を忘れないよにしてください。
車だけが査定の対象になるわけではありません。実は車検証も査定の対象となるのです。

大体はいつもクルマの中に常備しているものですので忘れることはありませんが、
入れていると思っていて実はそうでなかったということもあるので気をつけてください。

また他にも説明書なども用意するようにしてください。
こちらも捨ててしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、もしもあればプラス査定の要因になります。
中古であってもやはり使い方を書いている説明書があれば何かと役に立つからなのです。

正直に話したほうが無難

そして一番中古を査定してもらう上で大事なことはすべて正直に言うことです。
スタッフからは事故歴のことについて聞かれることもあります。
事故歴というのは中古査定においてはマイナス査定の要素となるものなのです。
しかしそれをもしも黙っていますと、不誠実な人だと思われてしまいます。

まずプロの方が査定をしますので嘘をついていてもそのことは見破られますし、
不誠実だと思われますと他にもだましている部分があると思われますので、
マイナス部分が見つかりやすくなるというデメリットがあるのです。

実は事故歴といっても少しこすった程度のものであれば、
事故歴とみなされないこともありますので正直に言うほうが何かとメリットあります。

中古の査定をしてもらうときにはこれらのことについては気を付けてください。
クルマそのものの価値を上げることではありませんが、これだけでも中古の査定額がアップするのです。

他にクルマを洗うことも忘れてはいけません。
きれいに洗いますと新しく見えますので査定額がアップします。
本体のみならずホイールの部分なども
もしも汚れているのでしたらこちらもきれいにしてみてください。